トップイメージ

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はこう治療するについて

このサイトでは、アトピー性皮膚炎で悩んでいる方々に対して、アトピーとアレルギーの関連などについて情報を発信し、アトピー症状の改善に役立てることを目的としています。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、アトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられている。「アトピー性皮膚炎」は、かゆみの強い湿疹が現れて、よくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。かつては乳幼児に多い病気でしたが、最近では大人になってから発症する人も増えています。

アトピー性皮膚炎の名前の由来

アトピーの名称は「奇妙な」あるいは「不思議な」という意味です。もともとギリシャ語ですが、最初の「ア」は「トピー」を否定する接頭語で、「これと決められようもない」という意味です。つまり、「これと決められないような奇妙な皮膚炎」ということになります。 「アトピー性皮膚炎」という病名は、1928年アメリカ人医師“ザルツバーガー”が命名しました。ギリシャ語で『原因不明』とか『不思議な』皮膚炎という意味です。

アトピーQ&A

アトピー あかちゃん
…赤ちゃんのアトピーについてならこのサイト。ぜひご覧ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2005 赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はこう治療する. All Rights Reserved.